多摩 小金井、川崎 麻生 百合ケ丘のご葬儀・お葬式は葬儀社の多摩式典へ。
多摩式典 小金井会館、百合丘セレモニーホール、寺院、専門斎場など、ご要望にあわせたご葬儀を心を込めてご奉仕いたします。

365日24時間相談員が対応いたします。 0120-55-7089
インターネットでのお問い合わせはコチラ
  • トップページ
  • 葬儀のご案内
  • ご葬儀の流れ
  • 葬儀費用について
  • 葬儀後の諸手続き
  • ご相談・お問い合わせ
  • 斎場のご案内
  • ご臨終
  • ご準備・ご納棺
  • お通夜
  • ご葬儀・告別式
  • ご出棺・火葬・精進落とし
  • 納骨・四十九日法要
  • 業務紹介

ご葬儀・告別式

葬儀式は死者の成仏を祈る宗教的儀礼。一方、告別式は故人を偲ぶ社会的儀礼。
現在はこれら二つの異なる儀礼を一連の儀式として続けて執り行うのが一般的です。

仏式葬儀・告別式の進め方

仏式のご葬儀は僧侶の入場で始まります。僧侶が席に着くと、司会者が開式を告げ、読経が行われます。宗派によっては仏道に帰依することを意味する引導や受戒の儀式が行われることもあります。次に弔辞朗読、弔電披露を行い、喪主、ご遺族が焼香します。本来の葬儀式はここまでで終了し僧侶が退場します。ご葬儀に続いて告別式を行う場合は、僧侶が退場せずにそのまま一般会葬者の焼香に入ります。喪主とご遺族は会葬者に礼をするため、会葬者側に向かって座りなおす場合もあります。

仏式葬儀・告別式の式次第例

個人葬

A.一同着席 B.僧侶入場 C葬儀開式の辞 D.読経・引導 E.弔辞朗読・弔電の紹介 F.読経・僧侶焼香
G.喪主・遺族焼香 H.一般会葬者焼香 I.僧侶退場 J.遺族代表挨拶

神式葬儀と告別式の進め方

仏式の葬儀にあたる葬場祭は、神社で行われることはありません。神道では死は穢けがれとされるからです。儀式は神職を式場や自宅に招いて営まれます。

葬場祭・告別式の式次第例

A.一同着席 式に入る前に全員が手水(ちょうず:手を清めること)の儀を済ませて着席
B.神職入場 斎主・斎員が入場します
C.開式の辞
D.修祓(しゅうばつ)の儀 斎主が式場、供物、斎員、参列者を祓い清める
E.斎主一拝
F.奉幣(ほうへい)・献饌(けんせん) 斎員が供物と神饌(しんせん:神の飲食物)を供えます
G.祭詞奏上 斎主が祭詞をあげ、故人の冥福と遺族への守護を祈ります
H.誄歌(しのびうた)奏上 副斎主が故人の徳を称えて故人を偲びます
I.弔辞・弔電披露上
J.玉串奉奠(たまぐしほうてん) 斎主が玉串を捧げ、喪主、遺族、参列者がそれに続きます
K.斎主一拝
L.撤幣(てっぺい)・撤饌(てっせん) 斎員が供物などをさげます
M.神職退場
N.遺族代表の挨拶
O.閉式の辞

キリスト教式葬儀と告別式の進め方

キリスト教では、死は現世を離れて神のもとに旅立つことと考えます。神の懐で安息を得るわけです。そのため棺を家から教会に移す出棺式では神を称える賛美歌斉唱や聖書朗読などをします。

カトリック式葬儀の式次第例

A.入堂式 参列者が着席する前に神父が棺に聖水を注いで祈りを捧げます。
B.司祭(神父)入堂 聖歌が合唱され司祭が入堂します。一同起立して迎えます。
C.入祭の言葉 司祭は祭壇と棺に向かって献香し、開祭の言葉を述べます。
D.ミサ聖祭 司祭は聖書を朗読し、参列者はこれを唱和します。司祭の説教のあと、一同で祈りを捧げます。そのあと、司祭が遺族が奉納したキリストの体と血になぞられたパンとぶどう酒を信者に与えます。(聖体拝領)
E.神父退場
F.弔辞・弔電披露
G.遺族代表の挨拶
H.献花 聖歌が流れるなか、喪主、遺族などが順に献花していきます。仏式にならった焼香が行われることもあります。

プロテスタント式葬儀の式次第例

A.開会の辞 牧師の開会の言葉のあと、賛美歌を斉唱します。
B.聖書朗読・祈祷 牧師または一同で聖書を朗読し、その後、一同で祈りを捧げます。
C.説教・祈祷 牧師が追悼説教をし、一同で祈りを捧げます。
D.賛美歌斉唱  
E.弔辞・弔電披露
F.祈祷 一同祈りを捧げます。
G.遺族代表挨拶
H.献花 牧師、喪主、遺族、親族、一般参列者の順に行います。
I.閉式の辞・牧師退場  

葬儀の豆知識

数珠の使い方

●短い数珠

左手で房を下にして持ちます。合掌するときは、両手を合わせ親指と人差し指の間にかけます。

短い数珠

●長い数珠

使わないときは左手首に二連にします。合掌するときは、ひとひねりしたものを両手中指にかけ、手と手の間にはさみ合わせます。

長い数珠

服装

通夜や葬儀の服装は、故人の死を悼む気持ちを表すものなので華美にならないように気をつけます。女性の場合、化粧は控えめにし結婚指輪以外のアクセサリーは基本的につけないようにします。ただし、パールのネックレスかイヤリングはひとつならつけられます。

●正式喪服
正式喪服
●略式喪服(参列者含む)
略式喪服(参列者含む)

緊急で葬儀をご依頼の方

突然のことでさぞお悲しみと存じます。 私たち、多摩式典がお手伝いをさせて頂きます。ご連絡を頂きすぐにお迎えにあがります。 フリーダイアル0120-55-7089

実際にお会いしてお打ち合わせをします。
お打ち合わせ後にキャンセル頂いてもかまいません。
私たちは、お客様にご納得頂いた上で、ご葬儀をお手伝いしておりますので、ご遠慮なくご相談下さい。

■対応地域

対応地域

東京都小金井市を拠点に、東京23区、新座市、西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、清瀬市、東久留米市、東村山市、小平市、国分寺市、府中市、多摩市、町田市、神奈川県川崎市のご葬儀に対応いたします。

スタッフ募集

■if共済会

if共済会は「もしも」のときのご負担をすこしでも軽くできるように誕生した。
全国ネットの「安心と信頼」の相互扶助システムです。

詳しい内容

■多摩式典は全葬連加盟
  葬儀社

全葬連は、ご遺族の「こころ」をかたちにする信頼できる葬儀社の全国ネットワークです。
多摩式典は全葬連加盟葬儀社です。

詳しい内容

▲このページのTOPへ戻る