多摩 小金井、川崎 麻生 百合ケ丘のご葬儀・お葬式は葬儀社の多摩式典へ。
多摩式典 小金井会館、百合丘セレモニーホール、寺院、専門斎場など、ご要望にあわせたご葬儀を心を込めてご奉仕いたします。

365日24時間相談員が対応いたします。 0120-55-7089
インターネットでのお問い合わせはコチラ
  • トップページ
  • 葬儀のご案内
  • ご葬儀の流れ
  • 葬儀費用について
  • 葬儀後の諸手続き
  • ご相談・お問い合わせ
  • 斎場のご案内
  • ご臨終
  • ご準備・ご納棺
  • お通夜
  • ご葬儀・告別式
  • ご出棺・火葬・精進落とし
  • 納骨・四十九日法要
  • 業務紹介

お通夜

お通夜とは本来、身内や親しい人がご遺体に夜通し付き添い故人を偲ぶ席。
最近はご葬儀に参列できない人たちの「別れの場」という意味合いが強くなっています。

式場の設営

ご自宅でお通夜やご葬儀を執り行う場合は、祭壇を設置する部屋のほか、僧侶の控え室や通夜ぶるまいの部屋なども設ける必要があります。斎場を借りて執り行う場合でも、式場の設営にあたって必要な備品は当社でご用意いたします。飾りつけなどはご要望をお聞きしながら行います。

祭壇飾り・供物・供花

祭壇に位牌や遺影を飾ります。個人の愛用品などを飾ってもかまいません。果物や菓子などの供物や供花も祭壇のまわりに飾りますが、誰からの品物か分かるよう供物帳に記載してから飾ります。故人と血のつながりや縁の深い人ほど棺の近くになるように飾ります。これらは当社がご要望をお聞きしながら行います。

お通夜の日程・進行

お通夜は、ご葬儀・告別式の前日、午後6時くらいから執り行い、1〜2時間ほどで終わりにする半通夜の形式が一般的です。ご遺族と参列者が席についたら、僧侶が入場し、着席して読経が始まります。読経後、あるいは焼香後に僧侶が短い法話をすることが多いので、あらかじめ故人の人となりを伝えておくといいでしょう。僧侶に「ご焼香を」といわれたら、まず喪主が焼香し、席順にしたがってご遺族、参列者が順に焼香をします。通夜ぶるまいの用意ができていれば、その席に誘います。読経(法話)がすむと僧侶は控え室に退室し、閉式となります。

神式の通夜祭の流れ

神式ではお通夜にあたるものを「通夜祭」といいます。神道の死の考え方では、故人は家の守り神となって遺族を見守っていくとされ、通夜祭は故人の生前と同様に礼をつくすための儀式です。また通夜ぶるまいは、喪家で火を使うと穢れるとされ、葬祭業者や仕出屋に依頼するか他家で調理するのが慣わしです。

通夜祭の式次第例

キリスト教の通夜祭の流れ

キリスト教でお通夜にあたる「前夜式」(プロテスタント)あるいは「通夜の祈り」(カトリック)の進め方は各教会によって異なり、神父・牧師の主導で進められます。

カトリック通夜の集い例
  • 神父によるはじまりの言葉
  • 聖歌斉唱(または黙祷)
  • 神父による招きの言葉
  • 聖書朗読
  • 神父の説教
  • 献香・献花
  • 結びの祈り
プロテスタントの前夜祭例
  • 牧師による開式宣言
  • 賛美歌斉唱
  • 聖書朗読
  • 通夜の祈り
  • 賛美歌斉唱
  • 牧師の説教
  • 主の祈り
  • 賛美歌斉唱・献花

焼香の仕方(仏式)

  • 僧侶・ご遺族に一礼、祭壇の一歩手前で一礼。僧侶・ご遺族に一礼、祭壇の一歩手前で一礼。
  • 祭壇に近づき焼香します。祭壇に近づき焼香します。
  • 合掌したまま一礼します。合掌したまま一礼します。
  • 後へ下がって一礼、僧侶・ご遺族に一礼します。後へ下がって一礼、僧侶・ご遺族に一礼します。
  • 浄土真宗系(一向宗)では香を上にいだかずにそのまま香炉に落とします。浄土真宗系(一向宗)では香を上にいだかずにそのまま香炉に落とします。
プロテスタントの前夜祭例
浄土真宗本願寺派(一向宗西)/臨済宗 1回
真宗大谷派(一向宗東)/曹洞宗 2回
真言宗 3回
浄土宗 1~3回
天台宗/日蓮宗 1回もしくは3回

玉串奉奠の仕方(神式)

  • 神職から榊の小枝を受けるとき、左の掌を上に向けて葉の部分を持ち、枝は右手をかぶせて持ちます。神職から榊の小枝を受けるとき、左の掌を上に向けて葉の部分を持ち、枝は右手をかぶせて持ちます。
  • 玉串(榊の枝)を受け取ったら軽く一礼し、玉串を胸の高さに捧げ、葉先を高めに持って神前に進みます。玉串(榊の枝)を受け取ったら軽く一礼し、玉串を胸の高さに捧げ、葉先を高めに持って神前に進みます。
  • 一礼して葉先を神前に向け左手を枝に持ち替え、右手を葉先に移し時計方向に180°回します。このとき枝先は神前に向き、葉先は体に向きます。 両手で玉串台へ供えます。一礼して葉先を神前に向け左手を枝に持ち替え、右手を葉先に移し時計方向に180°回します。このとき枝先は神前に向き、葉先は体に向きます。
    両手で玉串台へ供えます。
  • 二礼して二拍子(弔事のときは音は立てません)のあと一礼し、祭壇に向かったまま二、三歩下がり体の向きをあらため、神職、ご遺族に一礼し退出します。二礼して二拍子(弔事のときは音は立てません)のあと一礼し、祭壇に向かったまま二、三歩下がり体の向きをあらため、神職、ご遺族に一礼し退出します。

献花の仕方(キリスト教式)

  • 祭壇に向かうとき、係の人から右手に花が、左手に茎がくるように渡されます。祭壇に向かうとき、係の人から右手に花が、左手に茎がくるように渡されます。
  • 霊前に進むときは、牧師、ご遺族に一礼し、茎が祭壇に向くように右回りに手元に引き寄せ、左手が上向きになるように持ち替えてから、静かに献花台に捧げます。霊前に進むときは、牧師、ご遺族に一礼し、茎が祭壇に向くように右回りに手元に引き寄せ、左手が上向きになるように持ち替えてから、静かに献花台に捧げます。
  • 祭壇に向かったまま、手を組み合わせて黙祷しますが、合掌や頭を低く垂れてもかまいません。牧師、ご遺族に一礼して退出します。祭壇に向かったまま、手を組み合わせて黙祷しますが、合掌や頭を低く垂れてもかまいません。牧師、ご遺族に一礼して退出します。

葬儀の豆知識

通夜ぶるまい

お通夜のあと、喪家側が弔問客を酒や軽い食事でもてなすことが一般的です。これを「通夜ぶるまい」といい弔問への感謝の気持ちを表すのです。とはいえ飲食が目的ではないので料理は寿司やサンドイッチなど手軽につまめる程度のものを用意することが多いようです。

密葬

身内だけで行うご葬儀を密葬といいます。参列者にどの程度まで含めるかは、故人の希望やご遺族の意思によります。もともとは後日、本葬を行うことを前提にしていましたが、最近では「家族葬」として身内だけで葬儀を完了させ、本葬を行わない場合も多くなりました。

香典

香典

香典はもともとは故人に供えるものとして食べ物を贈っていましたが、それがお金に換わったものです。供養に手向ける香の代わりという意味合いです。表書きは「御霊前」であれば宗教や宗派に関係なく使えます。仏式では「御香典」「御香料」「御香奠」、キリスト教式では「御花料」、カトリックであれば「御ミサ料」、神式では「御玉串料」「御榊料「御神前」でもかまいません。

緊急で葬儀をご依頼の方

突然のことでさぞお悲しみと存じます。 私たち、多摩式典がお手伝いをさせて頂きます。ご連絡を頂きすぐにお迎えにあがります。 フリーダイアル0120-55-7089

実際にお会いしてお打ち合わせをします。
お打ち合わせ後にキャンセル頂いてもかまいません。
私たちは、お客様にご納得頂いた上で、ご葬儀をお手伝いしておりますので、ご遠慮なくご相談下さい。

■対応地域

対応地域

東京都小金井市を拠点に、東京23区、新座市、西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、清瀬市、東久留米市、東村山市、小平市、国分寺市、府中市、多摩市、町田市、神奈川県川崎市のご葬儀に対応いたします。

スタッフ募集

■if共済会

if共済会は「もしも」のときのご負担をすこしでも軽くできるように誕生した。
全国ネットの「安心と信頼」の相互扶助システムです。

詳しい内容

■多摩式典は全葬連加盟
  葬儀社

全葬連は、ご遺族の「こころ」をかたちにする信頼できる葬儀社の全国ネットワークです。
多摩式典は全葬連加盟葬儀社です。

詳しい内容

▲このページのTOPへ戻る